インプラントについて

残念ながら歯を失った方の咀嚼力の回復は 全身の健康維持において非常に大切です。ブリッジ、義歯だと咀嚼力が弱く、満足して食事を楽しめません。
インプラントを活用して、欠損している箇所の咀嚼率を大きく回復する治療を行います。

咀嚼力を大きく回復させる治療方法としてインプラントがあります。
インプラントで咀嚼力を回復することで“Quality Of Life” が上がり、幸せ感、達成感から、若々しさにつながります。

 

歯を失った方にとって、咀嚼を回復することは、全身の健康につながります。
ブリッジ・義歯は咀嚼力が弱く、満足して食事を楽しめるとは言えません。

インプラントは安全性が高く、エビデンスも立証されております。
インプラントで咀嚼力を上げることで、全身の健康につながり、QOL (quality of life) を上げることで、幸せ感が上がり、心身、本当の若さにつながります。

※必要とされるインプラントの治療費用
インプラント本体28万円/本・上部構造16万円/本・設計診断費3万円
※リスク・副作用
インプラントと骨が100%くっつくとは限らない。稀に1%程くっつかない場合があります。
インプラント歯周炎といわれるインプラント周囲の骨吸収を引き起こす可能性があるので治療後の経過観察、メンテナンスが大切です。
骨粗しょう症でビスフォスフォネート系の薬を服用されていたり、重度の糖尿病、心疾患がある場合は手術をお受け頂けない場合があります。
※お問い合わせ連絡先
八条口クリニック 075-644-6656

 

治療の流れFlow

STEP1 カウンセリング

まず口腔内を拝見し、現在の状態を把握します。
それをもとに考えられる治療方法や費用、治療期間などをご説明し、皆さまそれぞれに適した治療法を提案いたします。お悩みやご不安、ご要望など、お知りになりたいことに丁寧に答えますので、気軽にご相談ください。

 

STEP2 精密検査・治療計画の決定

歯科用CTで、口腔内全体と顎の骨の形や状態などを立体的に把握します。
また、これまでの治療歴や全身の健康状態に応じて必要な検査を行い、治療方針をご説明。
ご理解ご納得していただけましたら計画を決定いたします。

 

STEP3 1次手術

衛生管理を徹底した専用のオペ室で歯ぐきを切開し、顎の骨にインプラントを埋め込み縫合します。局所麻酔を行うため痛みはありません。
入院の必要はなく、虫歯治療のときと同じようにお帰りいただけます。

 

STEP4 治癒期間

埋め込んだインプラントと顎の骨がしっかりと結合するのを待ちます。
骨の状態などで個人差はありますが、通常ならば下顎で1~2ヶ月、上顎で2~3ヶ月程度です。
その間は仮歯を使用できますので外見的なご心配はありません。

 

STEP5 2次手術・治癒期間

インプラントが骨に結合したら再び歯ぐきを切開して、インプラントと人工歯をつなぐ「アバットメント」を装着します。
一次手術と同じく局所麻酔を使って、ほぼ痛みをともなうことなく1時間程度で終了します。
このあと、歯ぐきの傷が治癒するのを約2週間待ちます。

 

STEP6 人工歯の作製・装着

歯ぐきの治癒が確認できたら型採りをして人工歯を作製します。
作製した人工歯をアバットメントの上に装着すれば完成です。
天然歯の質感に近いセラミック製で、色調もオーダーできる人工歯ですから、ご自身の歯と同様の噛み心地と見た目を再現できます。

 

STEP7 メンテナンス

インプラントを長持ちさせるために欠かせないのが、ご自身による毎日のホームケアと医院による定期的なプロメンテナンスです。
発見が遅れがちなインプラント周囲炎などの早期発見・早期治療に効果的です。
装着直後は1ヶ月後に一度来ていただきますが、その後のメンテナンスは6ヶ月に1回となります。